読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NMB48 チームBII「会いたかった」公演@NMB48劇場 18:45開演


出演:赤澤萌乃/石塚朱莉/井尻晏菜/植田碧麗/梅原真子/太田夢莉/上枝恵美加/日下このみ/久代梨奈/黒川葉月/河野早紀/小林莉加子/室加奈子/山内つばさ/三浦亜莉沙/明石奈津子



モバイル枠キャン待ち2番→J-18
同日昼のAKB48研究生出張公演は一般枠で申し込んでみたがかすりもせず(苦笑)



大ホールでコンサートをやった翌日に劇場で公演をやる、というのがAKBの昔からのコンセプトの一つだが、それがグループ内でも踏襲されているのは嬉しい。後ろから2列目に座ったが段差がある上に前の席と互い違いになっているので視界は全く問題なし。
座席には生誕に使う道具一式が入った紙袋が置いてあった。
生誕委員の説明が終わり掛けのところだったので説明書を繰り返し読んで段取りを頭に叩き込んだ(笑)



嘆きのフィギュア(太田/黒川/室/久代)
涙の湘南(上枝/小林/赤澤/山内/梅原)
渚のCHERRY(黄:黒川/石塚/河野/明石)
ガラスのI LOVE YOU(山内/小林/三浦/赤澤)
恋のPLAN(井尻/日下/久代/河野/明石/太田/梅原)



アンコールから全員うさ耳を装着。
「未来の扉」のイントロで出てきたメンバーが客席を見て目を見張ったり必死に笑いを堪えようとする中で、ゆーりたんの冷ややかな目が(笑)



はーこ生誕セレモニー。
ケーキを出すのを忘れたりして若干グダりつつ進行。
みーれが書いてきた手紙を読むというので心配でちょっとドキドキした(笑)
他のメンバーの生誕では祝われる本人よりも先に涙を流すはーこが、手紙を読む前からもう泣いていた(笑)



柊ちゃんがいないBII公演を見るのは研究生公演時代を含めても初めてで、一年以上も続いている公演で正直やや食傷気味な所もあるけれど、メンバーの方でも客を飽きさせない&自分らの緊張感を保つためにユニットメンバーのシャッフルを頻繁に行うなど工夫をしていて、今日はセンター2人が不在&生誕という事もあって、はーこがチェリーの黄色を務めた。
決して上手いとは言えないけど目いっぱい体を動かして走り回っている姿からは嬉しさが伝わってきて、見ていてとても楽しかった。



終演後のハイタッチ。
20:43公演終了で時間の都合により肩たたきは無し。