読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城恵理子NMB48復帰


最終公演で研究生の昇格発表があるだろうとは思っていたが、ジョーの復帰は全く予想外。
大階段の最上段に現れた女の子がジョーと分かった瞬間は「あ、戻ってきたんだ!」と喜んだけど、金子支配人の説明とそれを聞いているメンバー達の丸まった背中を見ているうち次第に「それは違うんじゃないか」と思うようになった。



ジョーがNMBに戻りたいと思った気持ちは本物だと思うし、そこは信じたい。
ただ、運営が正規のオーディションやドラフトを通さずに復帰させたことで、ジョーが特別扱いされていると印象付ける結果になってしまったのはいただけない。大方ジョーがお気に入りの秋Pの鶴の一声で決まったんだろうが。
ジョーの復帰発表が先でモカちゃんの昇格がついでみたいな扱いになったのも心証を悪くした。



平等など存在しないことは端から分かっているが、露骨な「えこひいき」は真面目にやってきたメンバーのやる気を削ぐだけでなく、ジョー自身のこれからの頑張りが外部から正当に評価して貰えなくなる危険も孕んでいる、という事を運営は考えはしなかったのだろうか。