読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知観光(1日目)

午前中の便で羽田を出発して昼前には高知龍馬空港に到着。が、特にやる事も無いので後から来るヲ知り合いを待つことにして空港ロビーで休憩。
2時間後に合流したが、同じ便に乗っていたと思われる8メンがマネージャーを伴って出てきた。コンサートに出演するゆいゆいとしおりんはすぐ分かったが、もう一人黄色い服にロングヘアの子がいて、消去法で行くとヨコミチっぽかったが確信が持てなかった。

 

空港連絡バスで高知市街へ向かい繁華街で降りて食事ができそうな所を探したが、生憎ランチタイムが終わったばかりで何処も準備中だった。ようやく見つけた蕎麦屋で腹ごしらえをして、路線バスで桂浜へ向かう事に。
やって来たバスは昔懐かしい木の床で、路面電車と並行して走る道路が波打ってるせいかやたらと揺れた(苦笑)
一車線で大型車がギリギリ通れるサイズのトンネルを抜け、田舎町の狭い路地をどんどん進んで行って、T字路を曲がり掛けた所で突然停車したと思うとドアが開いてオバちゃんが降りて行った。周りを見回してもどこにもバス停が見えなかったが一体どういう取扱なのかw


桂浜公園は土産物屋や闘犬センターなどが立ち並んでいたが、夏休み前の平日で人気もなく寂れた観光地の感が漂っていた。
龍馬像のある高台へ登ったら湿気が凄くて汗が止まらなかった。



その後で浜の方に降りたが、台風の影響で波が高く、どんよりした曇り空と相まってイメージとあまりにかけ離れすぎていて残念だった。

 

市内に戻って各々ホテルにチェックインした後、再集合して有名なひろめ市場に向かったが既に満席だったのでミラモンメシ高知編で紹介された「おらんく家」へ。
シャッターが下りた商店街を歩いていくとよさこいの練習をしている所に行き当たった。だいたいどのチームも先生が一人付いていて、体育会風に号令をかける人だったり、洒落たダンス教室風だったりチーム毎に色があるようだった。

 

おらんく家ではクジラとウツボと鰹のたたき三昧(笑)
藁焼きの香りが沁みた肉厚の鰹のたたきはまさに絶品。
店には2時間居て、再びひろめ市場に移動。なぜかインド料理屋でカオスな展開w
さらに餃子屋台「まっちゃん」に移動してギョーザを食べて、電車が終わっていたので徒歩で20分ぐらい掛けてホテルへ戻り倒れ込むように就寝(苦爆)