読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~@福島昼

 

TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~@福島昼

15:00-17:30 いわき芸術文化交流館アリオス大ホール

出演:坂口渚沙(北海道)/横山結衣青森県)/佐藤朱宮城県)/舞木香純福島県)/岡部麟(茨城県)/清水麻璃亜群馬県)/髙橋彩音(埼玉県)/吉川七瀬(千葉県)/山田菜々美兵庫県)/山本瑠香和歌山県)/大西桃香奈良県)/阿部芽唯島根県)/谷優里(広島県)/行天優莉奈香川県)/廣瀬なつき高知県)/福地礼奈佐賀県
お手伝い:早坂つむぎ山形県

 

オクで入手した18きっぷで現地まで節約旅行。
といっても片道4時間超の長旅を普通車両だけで過ごすのはきついので上野~水戸間(2時間)は行き帰りともにグリーン車課金。780円で快適さが得られるなら安いものだし、2階席で眺めも良い。難を言うならトイレかなw


いわきに着いて時間に余裕があったので駅のすぐそばの磐城平城跡に行ってみたが、高台の住宅地の中に残っているのは道端の石垣ぐらいだった。


会場に移動して一休みしようと小休憩してからヲ知り合いと合流。
物販がどこに並ぶのかちゃんとした案内がなく、8スタンプの場所に物販列ができていたりしてカオス。地方イベンターにありがちな仕切りがダメダメパターン。
お手伝いメンはつっちゃん一人だけ。写真を買って抽選券を貰う頃には居なくなってたw


座席は4階下手側のバルコニー席で、長方形の長辺部分から身を乗り出さないとステージが見えない。床もステージに向かって傾斜していて、最初の5分ぐらいは立って見ていたが疲れるしナナメの感覚が気持ち悪くなってきたのでので公演中はずっと座ったまま見ていた。
本来クラシック向けのホールの様でなるほど音響は素晴らしかったがアイドルのコンサートには向いてないな。


前説で出てきたつっちゃん、喫煙を禁煙と言い間違えたり場内をばないと読んだり緊張してたのかね(笑)

前座はかすみんソロの『ジャングル・ジム』(ギターはキングレコードの湯浅氏)と、全員で『北川謙二』の二曲のみでコントはなし。いつもよりは短めだったw


本編一曲目。サビを聴くまでSDN48の『MIN・MIN・MIN』だとは判らず。CDは買ってた筈なんだが(爆)

 

ユニット曲コーナーの初っ端にデュエット曲『二人はデキテル』で北川謙二氏登場。前座曲は前フリだったのかw

やーまだとつっちゃんの『おしめし』は以前見たひじりんとたにぷにほどのインパクトは無かったが、アノ衣装を着たつっちゃんが見れたことかな。上から見てて丸分かりだったがチューはしてませんw

ほねほねワルツ
ズンチャッチャ言ってるのが俺とト●●チ氏の二人だけだったw

『エンドロール』
ヨコちゃんのエンドロールを山梨ぶりに見たが、今回の衣装はなんと谷間がクッキリ。
さすがメンバーに自慢するだけのことはあるなあ。
ぐんまーが出てたけどネタとしてはぐんまーは『アイドルなんて呼ばないで』じゃないのかな。千葉のウィンブルドンと丸かぶりだけど。


メンバーのお悩み相談。
ぐんまー「足がかゆい」知らんがなw
なぎ「手汗がひどい」。汗っかきなのは知ってるが手汗はそんなに・・・若干湿っぽいなと思った時はあったが。


かすみんの私服ファッションショー。
かすみんに「これはおヘソを出すように着るんだよ」とダメ出しを食らって無理やりへそ出しにされて赤面するモデル役のなぎちゃん。腰に着けた布を引きずったり踏んづけたりするのを見て「私の身長に合わせて作ってあるから」と窘められていた。
続いてぐんまりあ。下半分がシースルーのスカートに黒い網タイツが恐ろしく似合ってなくてかすみんにも「全然着こなせてない」とバカにされてぶーたれた顔をしてたw


私服がおしゃれなメンバーとダサいメンバー。
オシャレ一位は廣瀬なっちゃんとかすみん。
ダサい一位はやーまだ、二位がぐんまーw やーまだはファッションセンターしまむらで買ってるそうw


配給タイム・撮影タイムは4階までメンバーが来たが、バルコニー席などまるで存在しないかのような振る舞いだったので休憩。


お見送りでぐんまー・やーまだ・ヨコちゃんに出席確認を戴いて任務完了。

 


セットリスト
M01.MIN・MIN・MIN
M02.ダルイカンジ
M03.希望的リフレイン
M04.Everyday、カチューシャ
M05.夢へのルート
MC(自己紹介 大人っぽく)
M06.二人はデキテル(舞木北川謙二
M07.おしべとめしべ(紫:山田、ピンク:早坂)
M08.ほねほねワルツ(谷、大西、山本瑠、髙橋)
M09.アイドルなんて呼ばないで(廣瀬、佐藤朱、行天、福地)
M10.渚のチェリー(黄:坂口、BDはM09の4人)
M11.ヒグラシノコイ(黒:阿部、白:吉川)
M12.エンドロール(清水、横山、舞木、岡部)
MC(阿部、福地で「メンバーの悩み相談」)
M13.Birth
M14.制服が邪魔をする
M15.軽蔑していた愛情
M16.汚れている真実(吉川、清水、行天、山田、坂口、佐藤朱舞木、横山、髙橋、大西)
M17.あまのじゃくバッタ
MC(岡部、舞木、福地仕切りで舞木の私服ファッションショー)
MC(廣瀬、横山で私服のおしゃれ度チェック)
M18.へなちょこサポート(撮可)
M19.挨拶から始めよう(撮可)
MC
M20.一生の間に何人と出逢えるのだろう
M21.制服の羽根
MC
M22.LOVE TRIP
M23.47の素敵な街へ
(アンコール)
M24.掌が語ること
MC
M25.AKBフェスティバル
M26.恋する充電プリウス
MC
M27.365日の紙飛行機(ピアノ伴奏:髙橋)