鶯籠「I CAN FLY - 其の佰拾」@下北沢

11:20- 下北線路街空き地

3月上旬に業務上重要なイベントがあり、新型コロナウィルスの感染リスクを少しでも下げる為鶯籠ライブへの参加を自粛していた。その間に巷ではライブハウスが危険という風評被害が蔓延して予定されていたライブは無観客のストリーム配信になり、この日が実に3週間ぶりの現場。

当初は奥多摩の廃校で開催予定だったが何らかの事情により下北沢に変更になり、構成もライブとBBQで分けられたので今回はライブのみ参加。

前3列は地べたに座りで後は立ち見というレギュレーションにバリバリ同様座り最前が埋まると次は立ち最前が埋まることが予想されたので小さい踏み台と一脚を持参。踏み台を椅子代わりにして3列目に座る算段。

果たして予想通り座り最前→立ち最前と埋まっていき、目論見通り3列目に座ることができた。
椅子(踏み台)は役に立ったが一脚は必要なかったかもw それより70-210mm/f4が欲しくなってしまった。軽さは正義だよなぁ...

すぐ裏手にマンションが迫り大きい音が出せないとの事で鶯籠としては大人し目のセットリストだった。

セットリスト
M01.始祖
M02.灰
M03.頻く頻く
M04.クジラ
M05.summer snow
M06.戦場のクリスマス
M07.赤い春
M08.黒い雨
M09.透明人間
M10.㰷
M11.正夢
(アンコール)
En1.正夢
En2.若者のすべて
En3.屋根裏
En4.鼻水


特典会はピノコ(秒撮)→ばんちゃん(秒撮)→ピノコ(チェキ)

土管の上のばんちゃんに
俺「今日は落ちないでね」
ば「大丈夫、コツつかんだから」
ば「この前はヒールだったから着地の仕方がわからなくて」
俺「ヒールってそもそもどこに体重掛けるの?」
ば「わからない。見よう見まねでやってるだけだから」
この日もばんちゃん列は長かったなぁ。カメコも接触厨もどちらも満足度が高いからね。

ピノコは俺の左腕を掴んだ時に腕時計に気が付いて、腕時計が欲しいという話に。スマホを良く忘れるからだそうだが、アップルウォッチにすればいいのか!と自己解決(笑)

点点 16歳写真集「OH MY LITTLE GIRL」発売イベント

19:00- PROPANE

スタッフ・メンバーは吉祥寺からの回しで今回も開場が遅延w
それでもなんとか予定通りに開演。

メンバーは私服。

点点は写真集の表紙にもなってるボロボロのセーラー服姿。袖じゃなく破けた穴に腕を通してたので出直し(笑)

写真集イベになるとテンションがおかしくなる駄好乙は今日もキモさ全開だったが「点点の太腿は最高なんだよ!!」は激しく同意する(笑)


ライブは曲数多め。

アンコールは2曲で終わりの筈が、エクゼクティブプロデューサー権限で一曲追加。スマホから音を流したのがところどころノイズが入ってしまったからだと。
何を歌うか分からず不安顔でPAブースを見つめる点点。しかしイントロを聴いた瞬間笑顔に。
途中からフロアに降りて客に囲まれた中で歌ってご満悦の様子だった。

セットリスト
M1.I CAN FLY
M2.1995 A.D.
M3.FIFTEEN'S MAP
M4.遺伝子
M5.キラキラ光る
(アンコール)
En1.衝突
En2.鶯龍茶
MC
En3.OH MY LITTLE GIRL(点点ソロ)
En4.15の夜(点点ソロ)

特典会は点点(秒撮)→ピノコ(チェキ)→ピノコ(秒撮)→ばんちゃん(秒撮)→点点(秒撮)

写真集を買ってからすぐ点点列に並んだがそれでもPROPANEの入り口付近。外に並ぶことも予測して上着をキープしていたのは正解だったが、狭い階段に荷物を置くのは止めた方が良い。

 

ばんぱいあ 生誕公演「息」@渋谷

16:30- 渋谷WOMB  

会場は円山町にあるクラブ。
O-WESTの裏手にあり谷底から坂を登っていくのはしんどいので井の頭線で渋谷から一駅の神泉で下車。こっちからの方が全然楽だった。

優先Aの後ろの方の番号で下手側の柱前にポジション確保。
自分の前に2人分ぐらいスペースがあったが、そこに踏み台を置くと天井の空気清浄機?かなんかの機材が目の前に来るワナ(苦笑)

意外とステージまで近くて300mmでは寄りすぎなので70-200mmのみ使用。
ほぼ定刻通り開演。

「鶯籠としては珍しく明るい曲から」とばんちゃん。
流れてきたのはライブ終盤の定番曲「FIFTEEN'S MAP」だった。

ばんちゃんがお召替えの間に昔話なんかを。
「あさり」とか「お華」とかファミレスでメンバー同士呼び合う為の名前だった、ってここでバラしたら使えなくなるのではw

着替え終わったばんちゃんが登場。
ウエディングドレスが綺麗。サイズが合わなくて自分で裾を踏んづけそうだとか。
ソロで歌ったのはUguisu Recordsでお馴染み「甲賀忍法帖」。バンドの生演奏で歌うのは格別だった事でしょう。

本編ラストは予告のあった新曲「衝突」。
駄好乙「新曲について7文字で。激突」
からあげ「奈落」
ピノコ「弱さ」
点点「自分対自分」
ばん「最初“ホケキョまつり”にしようかと思うぐらい沸き曲」

本編が終わり記念撮影にいくタイミングで「ちょっと待った!」の声。
十字の槍を持ったしもべが見守る中ケーキ、プレゼント贈呈。
BGMはカリ城のエンディング曲で、ばんちゃん推しの人にとってはプリンセスなんだろうね。
ばん「19歳って微妙な年だけど19歳が一番楽しい年になりそう」は名言。

アンコールのラスト曲が再びばんちゃんソロという事に遠慮するばんちゃん。
ばん「もっと鶯籠の曲聞きたいでしょう」
あげ「そんなことないよー」w
あげ「透き通った声がもっと聞きたーい」
あげ「透き通った肌がもっと見たーい」
ヲタクか(笑)

セットリスト
MC
M01.FIFTEEN'S MAP
M02.鶯龍茶
M03.嘴
M04.泪
M05.JAM
MC(ばんぱいあ衣装替え)
M06.甲賀忍法帖/陰陽座 (ばんぱいあソロ)
MC
M07.鶯演義
M08.1945 A.D.
M09.黒い雨
M10.㰷
MC(新曲について)
M11.衝突(新曲)
MC
セレモニー
記念撮影
(アンコール)
En1.FLY HIGHER AGAIN
MC
En2.プロペラ
En3.1995 A.D.
MC
En4.贅沢ないいわけ/パスピエ(ばんぱいあソロ)

 
特典会はばんちゃん(秒撮)→ピノコ(チェキ)→点点(チェキ)
ばん「見てー、手袋がおしゃれなの」


なぜか「パラダイス銀河」を歌ってるピノコさん。
最近俺がアップしたピノコさんのへそ出し画像にいいね!が来ることが多いって話をしたらピノコさんの所にも通知が行くらしい。ご迷惑をお掛けしております。。。

点点さんは明日の写真集イベントの事で頭がいっぱいらしい。

 

鶯籠「FLY HIGHER AGAIN」発売記念リリースイベント@渋谷

19:15- タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO

19:00ぐらいに着いたら安定の開場遅延w
CDを買ってくじを引いたら51番と今までタワレコで買った中では一番若い番号。
機材持ってこない日に限って引きが良いのは如何ともし難い。

前から4列目ぐらいの下手側にポジション確保したが2日続けてじっとしているのは耐えられないので後方のフリースペースに移動。

今日の衣装はカラーのチャイナ。東京では見たことがなかったかも。

アンコールは「ちょっと特殊な曲なのでみなさん座って見てほしい」とばんちゃん。
全員で床に座って見たw
セットリスト
M01.始祖
M02.PAN
M03.遺伝子
MC(自己紹介)
M04.1945 A.D.
M05.黒い雨
M06.赤い春
M07.嘴
M08.戦場のクリスマス
M09.凸凹
M10.FLY HIGHER AGAIN
(アンコール)
En1.ベラミ
En2.寂しさは鳴る

特典会は囲みチェキ→点点(チェキ)→ピノコ(チェキ)
ループせずに帰る客が多くみなさんイベント疲れの様でした。

鶯籠「FLY HIGHER AGAIN」発売記念リリースイベント@渋谷

19:15- MAG's PARK

最近よく名前を聞く「マグズパーク」ってどこ?って思ったら109-②だったところ。
大昔ハロショがあった時代に何回か入ったことはあるがメンズ館になる前でお洒落なビルに女の子しかいないような所にむさ苦しいヲタクが出入りするのは場違いすぎて肩身の狭い思いをしたものだった。

優先入場時間はとっくに過ぎていたがCDショップでくれた券を見たら29番w
屋上に上がるには一番上の階のフードコートを突っ切って奥の扉を開ける必要があるのだがこれが非常にわかり辛い。

屋上に着くとまだ番号を呼び出してる最中だったので券を見せて下手寄り4列目にポジション確保。こんな時に機材があれば...

リハの為に出てきたメンバーは制服衣装にマフラー姿だった。
種と赤い春をやってすぐ本番へ。

ライブをやってる間に暑くなったのか上着を捨てマフラーを捨てる面々。PINOCOさんはニットまで脱いで半袖ブラウス姿に。背中にカイロを貼ってるのがバレて客に投げつけたw

この日のアンコールのラインナップが素晴らしく熱かった。。。


セットリスト
MC(自己紹介)
M1.クジラ
M2.戦場のクリスマス
M3.summer snow
M4.無茶しやがって...
MC
M5.透明人間
M6.㰷
MC
M7.自分で蒔いたの。種を。
M8.ESCAPE
M9.嘴
MC
M10.FLY HIGHER AGAIN
(アンコール)
En1.EMOTIONAL

En2.FIFTEEN'S MAP
En3.1995 A.D.
En4.ブレーメン


特典会は囲みチェキ→点点(チェキ)→ピノコ(チェキ)→ばんちゃん(チェキ)

 

鶯籠「FLY HIGHER AGAIN」発売記念リリースイベント@池袋

19;00- タワーレコード池袋店

今日からは現物を買ってのイベント参加になるので5分前現着でレジへ直行。
レジ打ちが糞遅いで有名なタワレコは健在で開始時間を過ぎても順番が回ってこない。
ライブのスタートが押したので結果的には間に合ったが。

メンバーはタワレコのエプロンを付けた店員モードで登場。
リハ(「種」ワンハーフ)をやってそのまま本番に突入。

セットリスト
MC(自己紹介)
M1.クジラ
M2.戦場のクリスマス
M3.透明人間
M4.㰷
M5.FLY HIGHER AGAIN
M6.死んじゃったらどうしよう
M7.ブレーメン

特典会は囲み→点点(チェキ)→ピノコ(チェキ)俺「なんの映画見たの?」
点「教えなーい」
俺「ディズニー?」
点「今やってないし」
俺「あ、あれだ半地下の」
点「ちーがーうー。ヲタクに恋はわからない」
俺「うん。全然わからない」
点「なんでわからないの?もっと映画見なきゃだめだよ」
・・・鶯籠に費やす時間を削っても良いかな?

ピノコさんにCDを渡すとケースを開けて「手に取るのも中身を見るのも今日が初めてなんだ」と目を細めた。
俺「アマゾンのは届いた?」
ピ「まだ。家にいないことが多いから」
俺「コンビニ受け取りにすればいいのに」
ピ「あーゆーの絶対信用しないから。ネットは信用しない。そのくせネトゲはやるけどね(笑)」

 

鶯籠「FLY HIGHER AGAIN」発売記念リリースイベント@新宿

15:00- タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

ここに来たのっていつ以来なんだろう?
CD予約はフロア奥の非常階段で。

飲み物を買いに出ようとしたところ運営の三人にバッタリ。hysdさんと目が合ったのでお互い会釈。

優先85番で上手寄り5列目辺り。
リハは種をワンハーフやって即終了。
ってか衣装がわんこかよ(笑)

本編を6曲やって終了と思いきや、アンコールでやる予定のわんこ学園にそのまま突入(笑)
鶯籠しか知らない人が見たら確かに戸惑うだろうな。

セットリスト
MC 自己紹介はわんこ学園風に
M1.灰
M2.summer snow
M3.無茶しやがって...
MC
M4.自分で蒔いたの。種を。
M5.嘴
M6.FLY HIGHER AGAIN
MC
M7.牛さん豚さん
M8.死んじゃったらどうしよう

特典会
全握スルーで囲みチェキから参加。
ステージに上がる時に「よっ」と掛け声を出したらばんちゃんが「そんなのおじさんしか言わないよ」と絡んできた。
俺「どうせおじさんだし」
ばん「何病んでるの」
すると全員で病んでる病んでるの大合唱。
ばんちゃん怖いよ〜

点点(チェキ)
俺はステージに腰掛けて点点は立ったまま。
「座らないの?」
チェキを撮るとステージに座る「座るのかよ!」
俺「今日はスパイ?」
点「今日は違うもん鶯籠だもん」
俺「あーカバーだっけ」
点「そーだよー」と言いながら脳天チョップ。
俺「やめてこれ以上バカになったら、点点よりバカになったら困る」
点点「バーカバーカ」
子供かよ...

ピノコ(チェキ)
俺「予約イベって今日が最後なんだよ」
一瞬(こいつ何言ってんだ)って顔になったがすぐ気がついて、
ピ「次はフラゲだ!」
俺「そうそう現物が来るんだよ」
ピ「あたしアマゾンで予約しちゃった。ステッカー欲しくて」
言えば貰えそうなのに自腹かよ(笑)