からあげ生誕公演「フェチズム」 in 東京キネマ倶楽部

16:30-18:50 東京キネマ倶楽部

C38番→2階下手寄り


公式ツイッターによると後物販に特典会がありそうな雰囲気だったので前物販で「新世界・テレフォンメンバーズクラブ」を申し込み。PINOCOは当然として点点の名を告げると「なるほど!」とはどういう意味ですかhysdさん。

開場までの時間潰しに山手線1周の旅へ(爆)

今回もサブステージ狙いで2階の下手側に着席。

前説でtcbnさんが「一年に一度の生誕祭なので何とかして特典会をやりたい」と色々思考を巡らせている模様。「できない」ではなく「どうやったらできるか」を常に考えているのがここの運営の凄いところ。


暗転したステージに現れたメンバーはみんなバラバラの衣装で髪型も凝っていて今まで見た事がないゴージャスな感じだった。

既発曲の別アレンジは何曲目だろうか、歌い出すまで何の曲かわからなくて少しドキドキする。メンバーも客の反応を楽しんでいるのだろうか。もっともマスクのせいで客の顔は分からないはずだが(笑)

「虎視眈々」「憚りながら」と立て続けにPINOCOのボーカルに圧倒された。。。

ブレーメン」の最中にあげちゃんを目隠ししてバースデーケーキを持ってくるサプライズ。視界が開けたら目の前に大好きなけろけろけろっぴのケーキがあるのを見て驚いて腰を抜かすあげちゃん。笑顔から嬉し涙の表情になるも「泣いてないよ!」と意地を張る。「ちゃんと歌わないといけないから」(笑)


アンコール前、あげちゃんのお色直しが終わるまで4人で「寸劇をやろう!」
PINOCOが「アゲチャン、、、アゲチャン」と呟きながら自転車を漕ぐ怪しいおじさんの真似をしたところで話が行き詰ってしまい、あげちゃんトークに切り替え。
PINOCOとあげちゃんが着て来る私服がペアルックと見紛うぐらい同じだとか。
何を思ったか「からあげちゃんは優しいけど、、、ムチをくれないんです、、、」とドMをカミングアウトする点点。ヲタク相手にはドSなのに。。。

衣装替えを終えたあげちゃんは白いドレスが似合っていて本当に綺麗だった。
自ら作詞した「バカみたい(新曲)」と「なぁ?」の2曲を歌ってくれた。
先が見えない中で鶯籠を辞めようと思ったと衝撃的な告白もあったが、あげちゃんはまだまだ鶯籠に必要ですよ。

セットリスト
M01.summer snow
M02.クジラ
M03.翠の夢
MC(自己紹介)
M04.寂しさは鳴る
M05.ベラミ
MC
M06.ケーキ
M07.虎視眈々
M08.憚りながら
MC
M09.環状線
M10.㰷
MC
M11.ブレーメン
MC
(アンコール)
Ec1.バカみたい
Ec2.なぁ?

「特典会」はサブステージにいるメンバーとフロアにいる客とでソーシャルディスタンスを保った“囲み”チェキ撮影か、20秒程度の秒撮。最初秒撮にしようと思ったが小さいストロボしかなかったので、スマホを渡してtcbnさんに好き勝手に撮って貰った。それにしても秒撮するおまいつに対するメンバーの罵声が凄かったなw

 

第17回SKY撮影会@戸塚安行

10:30- スタジオサンパティック

前回(4月)は新型コロナのせいで開催が飛んでしまい、今回も絶賛感染拡大中につき開催が危ぶまれたものの、無事開催されることに。

なぜか今回はPINOCOの撮影画像がSNS掲載禁止で、週プレグラビアを見た厄介カメコを避ける為とかいろいろ憶測を呼んだ。本人に理由を聞いた人もいたようだが結局は分からず仕舞い。。
掲載禁止のせいか並びはほぼPINOCOヲタのみで前々回ぐらいに戻った感じ。
いっぽう点点は過去一ぐらいの列の長さで、通常45秒で撮影者がチェンジするところが点点だけ30秒ルールが適用された。

スケジュール
セッション1部(私服) 10:30-11:30
セッション2部(私服) 11:45-12:45
セッション3部(浴衣) 13:00-14:00
セッション4部(浴衣) 14:15-15:15
PINOCO個撮4部 17:40-17:50

1部・3部は点点、2部・4部はPINOCOをメインに。

1部の点点はいきなり近づいてきてスネ蹴り。「ちょ、ソーシャルディスタンス!」とこちらが距離を取ろうとしても言う事を聞いてくれない。
並びが長すぎて時間が勿体無いので隙を見て渚ひとみちゃんを撮りに行ったりしていたが、ひとみちゃんの列に並んでいる時に場所替えで通りすがりに俺を見た点点が「あれ?あれれ??」とわざとらしく反応(笑)

PINOCOは芝生の上で裸足になるだけでは足りず、寝っ転がったりと相変わらず自由奔放(笑)
おかげでいい写真が撮れたのに掲載できなくて残念。

個撮は同じく芝のある庭で、撮るというよりゆっくり歩きながら話をしてた感じ。
突然側転したりして(何か見えたw)野生児だなぁと。
まぁでも久しぶりにゆっくり話せて良かった。

 

鶯籠「灰 2020 in 東京キネマ倶楽部」@鶯谷

17:08 - 19:05 東京キネマ倶楽部

鶯籠の本拠地・東京でキャパ120のチケ取りはかなり厳しいと思っていて、実際A20席とB20席は瞬殺でやっとこさC席48番を確保。
番号が番号だけに久々に長物の150-450mmを引っ張り出して鶯谷へ。

2階席の下手側に着席。

tcbnさんが登壇して前説を。
復活ライブは東京からやりたかったが規制や人の目が厳しくて最後になってしまったこと、
本当は特典会で全チェキぐらいはやりたかったが状況が許してくれず、空いた時間で配信ライブをやることにしたこと、
メンバーは良くヲタクのツイッターを見ていてつぶやきがない人が生きているのかとても気にしていること、など。

既存曲のいくつかはアレンジ、歌詞、振付が大胆に変わっていた。
「頻く頻く」は客席に背を向ける時間が極端に減っていたし、「赤い春」は終わったと思ったら実はブレイクで続きがあったり。「灰」は途中からアップテンポになり何だか早回しみたくなってちょっと面食らってしまった(笑)
「ベラミ」は愛憎劇がより大胆に、過激なものになっていた。「女の子がイチャイチャするだけの曲」という感想を見て悔しかったのだとか。

あ、「クジラ」はメジャーデビューシングルのリリイベに来てたツンツンしてる客をイメージして作ったという話は面白かったな。

セットリスト
M01.㰷
M02.トラウマ
MC
M03.クジラ
M04.翠の夢
M05.頻く頻く ※新アレンジ
MC
M06.赤い春 ※新アレンジ
M07.某
M08.憚りながら
MC
M09.灰 ※新アレンジ
M10.黒い雨
M11.虎視眈々
M12.分岐点
(アンコール)
Ec1.始祖 ※新アレンジ
MC
EC2.ベラミ ※新アレンジ
MC
EC3.フルーツ牛乳
EC4.正夢

 

鶯籠 - 始祖 in 名古屋クラブクアトロ

下北沢から実に3か月半ぶりのライブに迷わずチケット確保。
前日夜の都知事の不用意な発言のせいで開催はどうなるのか?となったが今更引き返すつもりはなかった。

新幹線移動もかなり久しぶりで、混雑を避けるつもりでひかりのグリーン車を利用。まぁ実際は普通車でもガラガラだったけど(笑)
車内ではマスク着用と手洗い・消毒を徹底すれば恐れるものはない。
まぁ新幹線よりも市営地下鉄の方が換気無し窓開け無しでやばい感じだった。

 

【1部】14:30-

一年ぶりのクラブクアトロに迷うことなく到着するとkdkが黙々と物販の準備をしていた。
一年前と同じように入場番号順に階段に並び、時間が来ると検温と手の消毒を経て入場。
番号的に3列目だろうと思っていたので迷わず3列目上手側2に着席。

tcbnさんがステージに現れて感謝の意を述べ諸々の注意事項を。

SEの後にメンバー登場。衣装はここ最近の配信ライブでも着ているジャケット。

メンバーを見るまでは「見たら泣くんだろうか?」とかぼんやり考えてたが実際そんな風にならなかったのは配信ライブのお陰かも知れなかった。
あの娘たちが泣いたら貰い泣きしたかも。

途中のMCで駄好乙がどっか行ったと思ったらトイレだったw

セットリスト
M01.始祖
M02.㰷
MC
M03.戦場のクリスマス
M04.クジラ
M05.summer snow
MC
M06.透明人間
M07.トラウマ
M08.赤い春
M09.某
M10.憚りながら
MC
M11.分岐点
(アンコール)
Ec1.正夢


終了後にはお見送りがあった。お互いに声を掛けたり触れたりすることは出来ないが嬉しいサービス。
推しの記憶から蒸発していないのが確認できた。
物販はメンバー不参加でkdkとhysdさんが対応。hysdさんと目が合うと手を振ってくれた。推せる!
落書きチェキ(宿題チェキ)を頼むと「(宛名は)のっぽでいい?」バレてるやんw

 

【2部】19:00-

B番の後ろから数えた方が早い番号で中断ブロック最後列に着席。
メンバーが客に問い掛けたり感想を求めても、客は大声を出す訳にはいかないしマスクをしているので表情で伝えることもできない。客にできることは身振り手振りや拍手しかなく、メンバーも戸惑っていたが、この先も客を入れたライブを続けていくには慣れて貰うしかないのかな。

あげちゃんがMCで変な壊れ方をしてて「1部より緊張する~」とか。1部はステージをこなすことに必死で客席を見る余裕がなかったが、2部で客席が見える様になって違う緊張感が生まれたのだろう。

セットリスト
M01.始祖
M02.summer snow
MC
M03.寂しさは鳴る
M04.クジラ
M05.トラウマ
MC
M06.透明人間
M07.㰷
M08.黒い雨
M09.某
M10.憚りながら
MC
M11.忘却
(アンコール)
Ec.1分岐点

 

鶯籠「I CAN FLY - 其の佰拾」@下北沢

11:20- 下北線路街空き地

3月上旬に業務上重要なイベントがあり、新型コロナウィルスの感染リスクを少しでも下げる為鶯籠ライブへの参加を自粛していた。その間に巷ではライブハウスが危険という風評被害が蔓延して予定されていたライブは無観客のストリーム配信になり、この日が実に3週間ぶりの現場。

当初は奥多摩の廃校で開催予定だったが何らかの事情により下北沢に変更になり、構成もライブとBBQで分けられたので今回はライブのみ参加。

前3列は地べたに座りで後は立ち見というレギュレーションにバリバリ同様座り最前が埋まると次は立ち最前が埋まることが予想されたので小さい踏み台と一脚を持参。踏み台を椅子代わりにして3列目に座る算段。

果たして予想通り座り最前→立ち最前と埋まっていき、目論見通り3列目に座ることができた。
椅子(踏み台)は役に立ったが一脚は必要なかったかもw それより70-210mm/f4が欲しくなってしまった。軽さは正義だよなぁ...

すぐ裏手にマンションが迫り大きい音が出せないとの事で鶯籠としては大人し目のセットリストだった。

セットリスト
M01.始祖
M02.灰
M03.頻く頻く
M04.クジラ
M05.summer snow
M06.戦場のクリスマス
M07.赤い春
M08.黒い雨
M09.透明人間
M10.㰷
M11.正夢
(アンコール)
En1.正夢
En2.若者のすべて
En3.屋根裏
En4.鼻水


特典会はピノコ(秒撮)→ばんちゃん(秒撮)→ピノコ(チェキ)

土管の上のばんちゃんに
俺「今日は落ちないでね」
ば「大丈夫、コツつかんだから」
ば「この前はヒールだったから着地の仕方がわからなくて」
俺「ヒールってそもそもどこに体重掛けるの?」
ば「わからない。見よう見まねでやってるだけだから」
この日もばんちゃん列は長かったなぁ。カメコも接触厨もどちらも満足度が高いからね。

ピノコは俺の左腕を掴んだ時に腕時計に気が付いて、腕時計が欲しいという話に。スマホを良く忘れるからだそうだが、アップルウォッチにすればいいのか!と自己解決(笑)

点点 16歳写真集「OH MY LITTLE GIRL」発売イベント

19:00- PROPANE

スタッフ・メンバーは吉祥寺からの回しで今回も開場が遅延w
それでもなんとか予定通りに開演。

メンバーは私服。

点点は写真集の表紙にもなってるボロボロのセーラー服姿。袖じゃなく破けた穴に腕を通してたので出直し(笑)

写真集イベになるとテンションがおかしくなる駄好乙は今日もキモさ全開だったが「点点の太腿は最高なんだよ!!」は激しく同意する(笑)


ライブは曲数多め。

アンコールは2曲で終わりの筈が、エクゼクティブプロデューサー権限で一曲追加。スマホから音を流したのがところどころノイズが入ってしまったからだと。
何を歌うか分からず不安顔でPAブースを見つめる点点。しかしイントロを聴いた瞬間笑顔に。
途中からフロアに降りて客に囲まれた中で歌ってご満悦の様子だった。

セットリスト
M1.I CAN FLY
M2.1995 A.D.
M3.FIFTEEN'S MAP
M4.遺伝子
M5.キラキラ光る
(アンコール)
En1.衝突
En2.鶯龍茶
MC
En3.OH MY LITTLE GIRL(点点ソロ)
En4.15の夜(点点ソロ)

特典会は点点(秒撮)→ピノコ(チェキ)→ピノコ(秒撮)→ばんちゃん(秒撮)→点点(秒撮)

写真集を買ってからすぐ点点列に並んだがそれでもPROPANEの入り口付近。外に並ぶことも予測して上着をキープしていたのは正解だったが、狭い階段に荷物を置くのは止めた方が良い。

 

ばんぱいあ 生誕公演「息」@渋谷

16:30- 渋谷WOMB  

会場は円山町にあるクラブ。
O-WESTの裏手にあり谷底から坂を登っていくのはしんどいので井の頭線で渋谷から一駅の神泉で下車。こっちからの方が全然楽だった。

優先Aの後ろの方の番号で下手側の柱前にポジション確保。
自分の前に2人分ぐらいスペースがあったが、そこに踏み台を置くと天井の空気清浄機?かなんかの機材が目の前に来るワナ(苦笑)

意外とステージまで近くて300mmでは寄りすぎなので70-200mmのみ使用。
ほぼ定刻通り開演。

「鶯籠としては珍しく明るい曲から」とばんちゃん。
流れてきたのはライブ終盤の定番曲「FIFTEEN'S MAP」だった。

ばんちゃんがお召替えの間に昔話なんかを。
「あさり」とか「お華」とかファミレスでメンバー同士呼び合う為の名前だった、ってここでバラしたら使えなくなるのではw

着替え終わったばんちゃんが登場。
ウエディングドレスが綺麗。サイズが合わなくて自分で裾を踏んづけそうだとか。
ソロで歌ったのはUguisu Recordsでお馴染み「甲賀忍法帖」。バンドの生演奏で歌うのは格別だった事でしょう。

本編ラストは予告のあった新曲「衝突」。
駄好乙「新曲について7文字で。激突」
からあげ「奈落」
ピノコ「弱さ」
点点「自分対自分」
ばん「最初“ホケキョまつり”にしようかと思うぐらい沸き曲」

本編が終わり記念撮影にいくタイミングで「ちょっと待った!」の声。
十字の槍を持ったしもべが見守る中ケーキ、プレゼント贈呈。
BGMはカリ城のエンディング曲で、ばんちゃん推しの人にとってはプリンセスなんだろうね。
ばん「19歳って微妙な年だけど19歳が一番楽しい年になりそう」は名言。

アンコールのラスト曲が再びばんちゃんソロという事に遠慮するばんちゃん。
ばん「もっと鶯籠の曲聞きたいでしょう」
あげ「そんなことないよー」w
あげ「透き通った声がもっと聞きたーい」
あげ「透き通った肌がもっと見たーい」
ヲタクか(笑)

セットリスト
MC
M01.FIFTEEN'S MAP
M02.鶯龍茶
M03.嘴
M04.泪
M05.JAM
MC(ばんぱいあ衣装替え)
M06.甲賀忍法帖/陰陽座 (ばんぱいあソロ)
MC
M07.鶯演義
M08.1945 A.D.
M09.黒い雨
M10.㰷
MC(新曲について)
M11.衝突(新曲)
MC
セレモニー
記念撮影
(アンコール)
En1.FLY HIGHER AGAIN
MC
En2.プロペラ
En3.1995 A.D.
MC
En4.贅沢ないいわけ/パスピエ(ばんぱいあソロ)

 
特典会はばんちゃん(秒撮)→ピノコ(チェキ)→点点(チェキ)
ばん「見てー、手袋がおしゃれなの」


なぜか「パラダイス銀河」を歌ってるピノコさん。
最近俺がアップしたピノコさんのへそ出し画像にいいね!が来ることが多いって話をしたらピノコさんの所にも通知が行くらしい。ご迷惑をお掛けしております。。。

点点さんは明日の写真集イベントの事で頭がいっぱいらしい。