鶯籠「I CAN FLY - 玖拾弐」@鶯谷

18:05- VALLEY×VALLEY×TOKYO

優先入場は34まで。
優先33番で立ち最前下手とセンターの真ん中ぐらいにポジション確保。

オンタイムで開演。
本編は3曲ずつ区切って全部で9曲。
最後の鶯肌は全員サーフでステージが空の状態に。
戻りが渋滞して駄好乙が歩いて戻っていたw

アンコールに着信音があり
女「もしもし・・・PINOCOです・・・」
駄「これはきっと偽物だよ」
駄「合言葉は壁」
ピ「女」
と謎のやりとり。
「PINOCO推しも楽しんでるよ〜」
ツイッター見ると皆楽しそうで悔しい」
最後にメンバーからPINOCOに煽りをお願いして「どうしようかな・・・じゃあ」というところで電話が切れた。

PINOCOがいないブレーメンは点点が下敷きにw

セットリスト
MC
M1.キレる
M2.潰れたトマト
M3.赤い春
MC
M4.自分で蒔いたの。種を。
M5.JAM
M6.GOMIBAKO
MC
M7.ESCAPE
M8.嘴
M9.鶯肌 全員サーフ
(アンコール)
Ec1.遺伝子
Ec2.FIFTEEN'S MAP
Ec3.ブレーメン

特典会
点点(秒撮)
セーラー服なのて全身ショットを撮ろうとしたら腕を掴まれて無理矢理ステージに引っ張り上げられ爆寄りばかり撮らされる(苦笑)
ストロボマニュアルで1/8だと暗過ぎた。

ばんぱいあ(秒撮)
俺「ばんちゃん現役感ありすぎ」
ば「まだ行けるかなぁ」とファイティングポーズ。
俺「おっ、スケバン刑事みたい。見たことある?」
ば「再放送で何回か見たよ」
・・・小道具で桜の代紋が付いたヨーヨーを用意すればよかった...



点点(秒撮)
リベンジで引きで撮ろうとしたら今度は点点の方から近寄ってきた(笑)



点点(2チェキ)
姿勢を低くして近づいて行ったらtcbnさんがツボだったらしくチェキカメラを構えながら何回も噴き出していた。

 

転校少女* The Fifth Autumn Of Loveツアーファイナル開催イベント@池袋

18:00- 池袋マルイ 7Fイベントスペース

池袋東口ってめったに来ないし駅から出ないので道に迷いそうになった(苦笑)

現場に着くと開場待ちと思しき入場列があったので最後尾に付く。
開場すると皆さん物販には目もくれずにステージ前へ。入場・観覧は無料なのでまず場所取り優先ということらしかった。
それなりの近さで見られれば良いのでライブチケットを先に購入したらコピー用紙に手書きの整理番号が書いてあるだけの簡単なもので、これで3Kはボロ儲けだろうw

下手柵際にポジション確保して時間を潰していると17:26に私服姿の三人が出て来てでリハ開始。初期転少の「ブートキャンプ」をフルで。
「本番は衣装に着替えまーす」の声に一部客から不満の声(笑)

登場SEは昔の?聞いたことがないもので、自己紹介のキャッチフレーズも発足当時のちょっとバカっぽいやつだった。
衣装は、
岡田夢以c:「この世界にサヨナラして」(2017年)
塩川莉世c:「 ショコラの独白」(2018年)
松井さやかc:「 ブルーハワイ?7人→4人になった時の」(2018年)

途中のMCは初期の思い出話。
・初めての生誕祭はケーキじゃなくお惣菜とカニパン(by松井)
・登場SEがなくて軍隊風に「転校少女がやって来たー」と走りまわっていた。
・初期の定期公演は平日の夕方5時からで、お客さんは一列目しかいなかった。
・泣きながら三つ編みを結って貰っていた(by岡田)
・etcetc・・・

莉世ちゃんが無邪気に「2人ともなに話してるか全然わかんない」ってド天然すぎる(笑)

「アイドルお宝くじ」新規なので2017年以前の話はとても興味深くて、曲も聞いたことがないものばかりで却って新鮮味がありとても有意義な時間だった。

セットリスト
M1.ナチュラル☆ハイ
M2.LOVE RANGE
MC(自己紹介)
M3.ロシアンルーレット
M4.バ・ビ・ブブブー・ブートキャンプ〜プラクティス1 夢見るアッパーカット〜
MC(初期の思い出話)
M5.Peace World

特典会は莉世ちゃん一択。客のほとんどがめいしゃんに並び、莉世ちゃんは一ケタ人数とか。こんな少ないのは初めて見た。写真撮影したが鶯谷の環境に慣れてしまうと15秒がとてつもなく短く感じ、焦ってしまってダメだね~(苦)

 

鶯籠「I CAN FLY - 玖拾壱」@鶯谷

18:00- VALLEY×VALLEY×TOKYO

優先チケが当日昼の販売で、珍しく一桁番台(=最前確定)が取れてラッキー!と思ったらPINOCOさんお休みのお知らせが(涙)
モチベーションが下がるもお金払っちゃった後だし、少し意地悪だがPINOCOさんがいない鶯籠がどんなパフォーマンスをするのか非常に興味があった。
tcbnさんによるとPINOCOさんは今日だけでなくこの3連休全部休みだそうだ。それ程までに重いのだろうか。。。

優先9番で上手3の最前に座り。
左隣が暫く空いていたが偶然アルピニスト()のや〇が着席。「もしかしてのっぽさんですか?」と話し掛けられたのを切っ掛けにお互いのニックネームの由来や写真の現像などについて開演までの時間お話した。PINOCO推しのやまさんも休演の件は心配されていたが、4人のパフォーマンスについてはさほど気にされていない様子だった。

急な休演の場合歌割りやポジション確認のためリハーサルに時間が掛かるなどして押すものだが、定刻通り開場して開演もちょっと押しただけだった。
PINOCOパートのほとんどは元々歌割りが少ない駄好乙が担当。意外にも結構ちゃんと歌えていた。そういえば駄好乙が休演していた時にやっていたツイキャスで歌っているのを聞いたことがあるが「あれ、ちゃんと歌えるじゃん」と思ったのだった。じゃあ歌下手はキャラなのか?(笑)

途中のMCではこの公演の前にやった「鶯回帰」について駄好乙から説明があり、メジャーデビューを目前にして「初心に帰る」のがテーマということだった(予想通り)。ちなみに客の人数(17人)は当時の実数でもなんでもなく「このぐらいじゃない?」という思い付きだそうだw(開場前の並びの時tcbnさんが言ってた)ちなみに20分間休みなしで客も全力を強いられる様で、終わって出てくる客がみんな汗だくなので本当にハードらしい。普通のライブでさえ酸欠気味の俺には無理(苦笑)

セットリスト
M01.赤い春
M02.悲鳴
M03.終幕
M04.森
MC
M05.楽園
M06.Legacy
M07.1945 A.D.
MC
M08.PAN
M09.FIFTEEN'S MAP
M10.自分で蒔いたの。種を。
(アンコール)
Ec1.JAM
Ec2.GOMIBAKO
Ec3.ベラミ
(ダブルアンコール)
Ec4.鶯肌

 

特典会
点点(秒撮)
またじっとしてくれない点点。ステージ外から引きで撮っていたら腕を掴まれて無理やりステージに引っ張り上げられる(汗)
「今日も牙(八重歯)出てるね」で肩パン
「ウインク上手くなったね」「ホント?練習したんだ」「 あぁ可愛い」褒めると照れ笑いが止まらない点点。

ばんぱいあ(秒撮)
「この衣装にポニテってめっちゃくノ一っぽいね」
「ホント?あたしナルト見てたらもうなりたくてなりたくて」

点点(2チェキ)
「今日は安全靴()だね」
「ちょっとだけ背が高い、、、少し背が伸びたかもと思ってのっぽを見ると腹立つから早く縮んでよ!」と肩パン。
「そんな急に小さくならないよ。スモールライトとかあれば」
「じゃあ用意する!」

ばんぱいあ(2チェキ)

最後時間が余ったのか希望者を募って1.5Kで駄好乙を除く3人と囲みチェキ(全員のサイン入り)or30秒撮影タイム。機材を仕舞った後なのでチェキを撮って貰った。
ばん・てんは身振りでしゃがめと指示。「いつも座って貰ってるんだもんね」とばんちゃん。

鶯籠 Halloween Event「‪- 鶯谷地区Cブロック-94a -‬」@鶯谷

19:10- VALLEY×VALLEY×TOKYO

限定8席の撮可席の価格(6.9K)は自分が知る限りバリバリでの最高金額だったが、それでも瞬殺するのが今の鶯籠現場。

優先B42番で立ち3列目下手側にポジション確保。
靴が床に吸い付くような妙な感触があり、ガムでも踏んだのかと思ったらバリバリ初心者と思しき客が床に置いたドリンクのグラスをひっくり返してそこいらじゅうドリンクまみれにしていたのだった(苦笑)

オンタイムで開演。
全員仮装と言うよりはコスプレオンリー。ハロウィンというと血糊やら傷シールやらの特殊メイクを施す傾向が多く、まぁそんなのは求めてないんだけど、ここの運営は良く分かってるなーと。

コスプレのテーマは
からあげ「うる星のラムちゃん
ばんぱいあ「バーチャルユーチューバーキズナアイ
駄好乙「EVAのアスカ」
PINOCO「バニーガール」
点点「アラジンのジャスミン王女」
駄好乙とばんちゃん以外は肌の露出度が高くて、とりわけPINOCOは上も下も目のやり場に困った(汗)
今日のソロは一人一曲で順番はいつもの様にジャンケンで。

駄好乙は初め一本のキャンディーを持ってきて「これはヲタクを地獄に落とすアメ」とかw
途中からピコピコハンマーを持ってきてそこいら中叩きまくっていたw

点点はずっとなりたかったというアラジンのジャスミン王女。
「キーが高いので不安」と言っていたのでドキドキしながら見守ったけど問題なくクリア。みんな物音ひとつ立てず最後まで聴き入っていた。

セットリスト
M01.残酷な天使のテーゼ/高橋洋子(駄好乙)
M02.A Whole New World/映画「アラジン」(点点)
M03.God knows/涼宮ハルヒの憂鬱(PINOCO)
M04.ラムのラブソング/うる星やつら(からあげ)
M05.ひまわりの約束/秦基博(ばんぱいあ)
(以降鶯籠)
M06.鶯演義
M07.鶯龍茶
M08.赤い春
MC
M09.JAM
M10.GOMIBAKO


特典会は点点(秒撮)→PINOCO(秒撮)→PINOCO(2チェキ)

ばんちゃんにも行きたかったが思いの外列が長かったのと次の日朝早いので断念。

 

鶯籠 90分全曲バンドセットLIVE 「赤い春」@渋谷

18:20- 渋谷WWW X

さすが渋谷、人の集まり具合が尋常でない・・・と思ったがいろんな並びが入り乱れていた模様。
WWW Xに入るのは初めてだったが、一度4階まで上がって2階まで降りるとか謎過ぎる作り。
ステージ前地蔵エリア(優先A)は90番まで呼ばれていた。
優先B11で下手側壁際を確保。

ここまではよかったが、ライブが始まると、く、暗い!
正面からの照明が暗すぎ。そのくせ真横から強力なスポットが当たり顔は真っ黒なのに太腿が白飛びするちぐはぐさ(苦笑)
まぁライブは楽しかったけどね。

新曲「赤い春」については正直印象が薄かったのでメンバーの言葉を借りると「スルメ曲、抑揚がない、喪失感、乾いた絶望」。
駄好乙「ひとりだけの世界」
からあげ「無感情」
点点「The絶望」

そして曲が終わると、
ピノコ「残念なお知らせです。今の曲で終わりでーす。」鶯籠あるある(笑)

セットリスト
MC
M01.JAM
M02.自分で蒔いたの。種を。
M03.B突堤
MC
M04.鶯演義
M05.キレる
M06.鶯龍茶
MC
M07.泪
M08.頻く頻く
MC
M09.ESCAPE
M10.嘴
M11.鶯肌
MC(新曲について)
M12.赤い春
MC
記念撮影
(アンコール)
Ec1.GOMIBAKO
Ec2.遺伝子
Ec3.1995 A.D.
Ec4.キラキラ光る


特典会は人大杉なので2チェキでサクっと。

点「今日どこにいたの?」
俺「そこの壁際にいたよ」
点「写真期待してるね!」
俺「今日はちょっと照明が暗くてイマイチかも」

ば「新曲どうだった?」
俺「写真取りながら聞いてたから・・・」
ば「あ、じゃポカーン組?」
俺「歌詞カード貰ったから後で復習するよ」
ば「乾いた絶望だから」
俺「乾いた絶望って語感が凄いよね」

俺「忘れん坊のピノコさん」
ピ「マジでヤバいのよ!!」
前の日に準備したものを玄関に置いておくと、次の日出かける時にそれを避けて行くんだそうだ(笑)
俺「死なないでよ~」
ピ「ウキャ~」
 

第14回SKY撮影会@東糀谷

10:30- スタジオエコロ-スカイ

スケジュール
セッション1部10:30-11:30(私服)
セッション2部11:45-12:45(私服)
セッション3部13:00-14:00(ハロウィン衣装)
セッション4部14:15-15:15(ハロウィン衣装)
個撮1部~8部16:05-19:20

現場に着くまでセッションを1部2部だけにするか迷っていたが結局通しで参加することに。
セッション奇数の部は点点、偶数の部はピノコさんが出るので飯を食う時間もなく拘束されっぱなしだった。
個撮はピノコさん。日が落ちてだいぶ暗かったので今回は屋内のみ。

最近使っていなかったSIGMAのデカいストロボを引っ張り出してみた。
昼間にストロボを使ったことが数えるほどしかなく、それも大概失敗しているのだが、マニュアルモードでやったら思いの外上手く行った。
ただ、昼間の為カメラのモニターを明るめにしているのを忘れて明るく撮れたつもりが後で見たら暗かった。明るさじゃなくてヒストグラムで判断するようにしないと駄目だね

 
個撮は開始時間になってもピノコさんが出て来ず良いポジションが取れなかったので薄暗い部屋でクリップオン1灯で頑張ってみたが何とかなっただろうか。。。

 

鶯籠「鶯戯記 - 其の参」@下北沢

11:55- 下北沢SHELTER


下北沢で降りたのは生涯3度目。前回は下北FMに浦野さんが出演した時でそれから11年ぶりらしい。
駅が地下化されてすっかり様変わりしたが、それでも道に迷う俺(苦笑)

優先58番で下手側にポジション確保。下手側には謎の見切れスペースがありそこも含めてのキャパ250という事なんだろうが、縦方向の奥行きが無く狭く感じた。

オンタイムで開始。
告知通り衣装は私服で、駄好乙は横着したのか赤チェックのパーカーの下に最近出だした黒衣装を着ていたw個人的には上品なお嬢さんのばんちゃんが優勝(笑)
最初のMCで夜のライブの優先チケット販売開始をライブに被せたことを謝罪(笑)
それとキーボード担当の鶯4号が「羽が破れて修理中」で不在とのこと。

「平日働いて朝早くて皆さん疲れていると思うので腰にも膝にも優しい曲をやるね」と前フリしておきながら「JAM」「GOMIBAKO」をやる。これが鶯籠(笑)
普通のワンピースのピノコさんがダイブするとは思わなかった(汗)

ライブの後半辺りからマイクの調子が悪くなって声を拾わなくなったので、アンコールではワイヤードを2本使用することになった。その分動きが制約されるかと思ったらバトンを受け渡すみたいに上手にやりくりしていた。この子達の適応能力の高さには本当に驚かされる。

それにしても遺伝子のピノコパートで前に突っ込むのがクセになってきたな(汗)

セットリスト
MC
M1.JAM
M2.GOMIBAKO
MC
M3.B突堤
M4.キレる
M5.鶯龍茶
MC
M6.鶯演義
M7.ESCAPE
M8.嘴
M9.鶯肌
MC
M10.遺伝子(バンドセット初)
記念撮影
(アンコール)
MC
Ec1.自分で蒔いたの。種を。Ec2.遺伝子
Ec3.1995 A.D.
Ec4.キラキラ光る

 
特典会
点点(秒撮)


ピノコ (秒撮)

ばんぱいあ(秒撮)

ピノコ2チェキ)
明日の撮影会に備えて今夜のバリバリはスルーするよと伝えたら、「明日かーー!」って明日の準備がまだ終わってないんだとか(苦笑)