読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京パフォーマンスドール「LIVE TOUR 2014夏 〜DANCE SUMMIT 1×0 Ver1.0〜」@大阪

19:00 - 20:35 梅田クラブクアトロ




9500円グリーン車乗車で15時新大阪着。
常宿に荷物を預けに行ったらチェックインできたので部屋に入って夕方まで休憩。
バイトルの関西版CMを初めて見た。タコるん(笑)




開場は18時だが今一つ地理に自身が無かったので余裕を見て17時半に梅田駅に到着。それでもやっぱりダンジョンに嵌まってしまい現場に着いたのは開場5分前だった。しかもホールがある10階まで階段を昇らなければならず開演前にかなりのHPを消費してしまった。




老体なので三列目の下手柵際にポジション確保。
ステージは場見りが片側4番までしかない狭さなのでドールケースは「コ」の字型に近い形に設置されていた。
客フロアも見切れのスピーカー前は閉鎖。女性エリアは後方の一段上がった所に設置されていたが「菜七ちゃん軍団」の来場もありキツめだったようだ。
平日でこの入りだと次来る時はもっと大きな箱でやる事になりそうだ。




定時開演。
ステージまでわずか2メートルほどの距離なのでドールケースにも注目してみた。人ひとり分の立ちスペースを有効に使って様々な演出に対応する為の工夫がしてあった。




千夜一夜』で百面相の様に目まぐるしく変わる星来ちゃんの表情は、それが元々本人が持っている自然な表現なのか演出によるものなのかは判らないが、ちと過剰かな〜と思ったり。
一方、『ちゃめジュリ』を途中でぶった斬られたうさきちゃんの膨れっ面はものすごくリアリティがある(笑)


『JUST LIKE MAGIC』でハットの仕掛けが一部見えてしまって苦笑気味の菜七ちゃんが可愛かった!(笑)




狭いステージで何度もセットにぶつかりそうになったり、何よりフォーメーションを合わせるのが大変だったと思うけど、最高のパフォーマンスで最後までやり切った満足感からか皆とてもいい表情をしていた。




今日分かった事。
上手側で見るといさきちゃんがカワイイ。
下手側で見ると香帆ちゃんがカワイイ。
あれ?(汗)