読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NMB48 TeamM大阪ツアー2014 〜ベンチ温めてました〜@貝塚


18:30-20:50 貝塚コスモスシアター大ホール
出演:NMB48 チームM東由樹/沖田彩華/川上礼奈/木下百花/島田玲奈/高野祐衣/谷川愛梨/三田麻央/村上文香/村瀬紗英/矢倉楓子/山岸奈津美/山田菜々/與儀ケイラ)サポート研究生(石田優美/明石奈津子




大阪十番勝負、ちゃぷちゃぷ、西日本、東日本とNMBのツアーを最低1回は見ることにしているので当然今回も参戦。2月は仕事が忙しく、オリックス劇場は倍率が高そうだったので間を取って貝塚を1本釣り。


どんな所かよく調べもせずに申し込んだが、難波から南海電車の各停できっかり一時間、急行でも30分は掛かる所にある、のどかな地方都市だった。駅から15分ほど歩いて会場へ。




M列センターブロック下手寄り通路側にて鑑賞。
ステージから遠すぎず近すぎずでメンバーの顔が見えてかつステージ全体を見るには丁度いい距離。
とは言うもののこれで見納めだと思ってしまれなを目で追っていたら実は山田菜々だったという事が度々あった。背格好がそっくりだからまぁ仕方ない。



影アナあーぽん。
定時キッカリにスタート。



今更気づいたが、ふぅちゃんは青ラップの振付を可愛らしくアレンジしてるんだな(笑)



ユニットの最初はギターを抱えたさえぴぃの弾き語りで「僕らのレガッタ」。
決して上手いとは言えないが、実に丁寧で大事に歌いたい気持ちは伝わったと思う。



高3トリオの「残念少女」。この3人で何かやってるのを見るのもこれで最後なのか。



ななたんセンターで「投げキッス」。
昔からなんだけど楽しそうななつみんを見るとなんだかホッとする。



ツアーでは毎回持ち込み企画をやっているらしく、今日は「ふぅちゃんをドキドキキュンキュンさせよう!」
いわゆるシチュエーションに沿って告白するやつ。
あやばぁのシチュエーションは「壁ドン」で、壁役に指名されたのはまおきゅん。肩幅広いからねw
で、壁(まおきゅんの背中w)に手を付いて「オレの事ずっと見てたよね?」とふぅちゃんに迫るあやばぁの口調が意地悪な上級生そのまんまで怖かったw
百花はバイクで通り掛かり「乗りなよ」と後ろに乗せておもむろに振り返ってキス。まおきゅんが悲鳴と共に膝から崩れ落ち「私のLIFEはゼロよ」(爆笑)



ふぅちゃんて昔は公演の中盤ぐらいでバテバテだったのに2時間を超えるライブでも最後までスタミナが切れなかった。タフになったなぁ。兼任効果とは関係ないと思うけど。



サポートの研究生2人は結構のびのびやっていて、なっつはアンコールの「君と出会って〜」でセンターポジションを務めていたし、優美ちゃんのダンスの軽やかなステップも良かった。
衣装替えの繋ぎのMCも2人に任されていたけどこっちは激ユルだった(笑)
まぁトークに関してはまだまだだね。



セットリストはメンバーで考えたそうなのでなるべくケチはつけたくないんだけど、「女子高生はやめられない」「好きと言えばよかった」と来たら「そばかすのキス」にしてほしかったなぁ。「春一番が吹く頃」も好きだけど。



チームMらしさが詰まったとても良いライブだった。
出来ることならもっと長くこのチームを見ていたかったな。





M01.みなさんもご一緒に
M02.青春のラップタイム
M03.オーマイガー!
M04.僕らのレガッタ(村瀬ソロギター)
M05.ガラスのI LOVE YOU(矢倉/東/與儀/谷川)
M06.残念少女(島田/高野/村上)
M07.投げキッスで撃ち落とせ(山田/沖田/川上礼/木下百/三田/山岸)
M08.女子高生はやめられない
M09.好きと言えば良かった
M10.春一番が吹く頃
M11.拳の正義
M12.横須賀カーブ
M13.理不尽ボール
M14.小池
M15.カモネギックス(Dance Remix)
M16.ナギイチ
M17.純情U-19
M18.ヴァージニティー
M19.僕らのユリイカ
M20.北川謙二
M21.タンポポの決心
(アンコール)
EC1.With my soul
EC2.君と出会って僕は変わった
EC3.高嶺の林檎
EC4.アリガトウ
EC5.てっぺんとったんで!